-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-09-01 22:05 | カテゴリ:犬・情報
ジャンル:ペット テーマ:レトリーバーと暮らす
大きな台風が来ていますね
ずっと雨が降っています

ひなたはこんな雨の中、インカのカッパを着てお散歩に行きました。

一昨日、またまたまたホーちゃんの検診に名阪道をかっとばしてきましたよ~
忍者で有名な三重県伊賀上野にある南動物病院

2~3気になっている事がありました。
まずは、顔の真ん中にできているはげ
s-P1040144.jpg
だんだんと範囲が広がっているような気がして・・・
肥満細胞腫は、どんな形もあるそうで、友人が心配して教えてくれました
ただ単にでき物だけが肥満細胞腫ではないそうで、こんなのもありだそうです。

それに、右後ろ足のもも、内部にコロっとした物が・・・

それから、右前足の肘の関節炎
これは、以前におざき動物病院でレントゲンを撮ってもらったことがあり、
関節の変形だそうです。
かなり痛そうに、ひょこひょことびっこをひいて歩いています。

いつも親切に診てくださる主治医のK先生
顔のはげと、後足もコロコロについては細胞を取って診てくださるそうです。

それから、右前足の関節炎についてですが

私  「体重が少し増えたのが原因だと思います。以前から関節の変形はあったのですが、最近びっこをひくのがひどくなって・・・癌になると癌に栄養を取られて痩せるって言うから、少しふっくらさせようとご飯を多めに与えたら、知らない間に3キロも増えていたんです

K先生「そうですね。それで痛みが増したのでしょうね。でも、体重が増えるのは元気な証拠です。病気(癌?)だったら、食べても痩せて来ます。」

えっ、やっぱりそうなんだ。私の得た情報、まんざら嘘ではないらしい。
しかし、この関節炎は、どうしても痛いようだったら、消炎鎮痛剤を飲ませる他ないそうです。

K先生「どれぐらい痛いか、本人に聞いてみないと解りませんが・・・どうしましょうか?」

私  「そうですねぇ、ご飯の時にはピョンピョン跳ぶし、散歩の時にはぐいぐい引っ張るし・・・本当に痛かったらそんな事しないと思います。」

そんな訳で、今回は鎮痛剤は処方されませんでした。
3キロ増えたという事は、人間にしてみると10キロほど増えたということで、やはり短期間に10キロは負担が大きすぎたのでしょうね。
せっかく増やしたのに、今度はダイエットトホホホホ~

癌の事を考えれば少し太らせたいし~、関節の事を考えたら体重を落としたい、ほんと難しいわ~
どうせえっちゅうねん

でもでも、顔のハゲは肥満細胞腫でもなく、変な菌も沸いていないとの事で、このまま様子をみることに後足のもものコロコロも脂肪腫で、悪性ではありませんでした

それで、体重が3キロも増えるぐらい元気だからと、エコー検査も血液検査もなしでしたよかった


診察を終えて、待合室へ出てみると・・・
なんて美しいスレンダーなラブちゃんが・・・
どう見ても10歳にはなっていない。
足も、少し弱っているけど、まだまだすたすた歩いているし・・・
あんまりきれいなので、つい何歳か聞いてみました。


すると   「15歳です!」 ですって

ホーちゃんもよく13歳にしては若いねって言われるけど
びっくり、今回ばかりは‘負けた’って思いました。

さくらちゃんです
s-P1040147.jpg

何か特別に、してあげている事はありますか?と聞いてみました。

すると、10歳の時に南動物病院で脾臓を摘出する手術をうけたそうです。
その時は、体重が30キロあって、肉はだれだれで、足は痛くて歩けなくなっていたそうです。
それで、K先生に少しやせなさいと言われ、1年間で10キロ痩せて、今は20キロ

痩せただけで、歩けるようになり、こんなに若々しくなりました~だって。

や~っぱり、、、体重管理ですねぇ~~!

名古屋から毎月通って来ているというさくらちゃん、お会いできてよかったわ~

それにしても、ホーちゃん、肥満細胞腫の手術から4ヶ月
お陰様で転移もなく元気にしています。

毎日食べさせている山伏茸と田七人参のサプリが効いているのか・・・はたまたラブレ菌か・・・?

まだまだがんばっていきまっしょい!


ブログランキングに参加しています。ポチっとクリックお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking


スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://intaikenlife.blog82.fc2.com/tb.php/58-c6566bb2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。