-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-05-18 22:45 | カテゴリ:犬・情報
ジャンル:ペット テーマ:レトリーバーと暮らす
今日の大和地方、快晴、少し暑いぐらいでした。
我が家の庭のベルフラワー、咲きました。
毎年、きれいに咲いてくれます。
s-P1010928.jpg

さてさて、本題に入る前に今日の1枚

題「のぞき
s-P1010380.jpg



ではでは、本題に・・・

週3日、引退した補助犬を支援しているNPO法人日本サービスドッグ協会へ事務のお仕事に行ってます。
この協会の理事7名のうち、理事長と副理事長の3名は視覚障害者です。
引退した犬たちの老後を看てもらう引退犬ボラさん達を助けたいと、2003年9月に立ち上げました。

この3名、半端じゃなく明るいです。
いつも事務所は笑いが絶えません。
明るすぎて、羽目を外すこともありますが・・・
s-P1010931.jpg


先日、老人ホームのM様からお呼びがかかり、理事長とスタッフTさんが訪問してきました。
M様は病気で、お部屋からも出ることができないので、理事長が訪問するととても喜んでくださったそうです。

M様はおっしゃったそうです。
「目が見えないのに、よくこんなに明るく生きてこられましたね。」

理事長は「犬のおかげやね。」って言ってました。

先生は(理事長はもと盲学校の教師だったので、みんなそう呼びます)42歳の時に視力を全て失ったそうです。
(先生の講演で聞いた記憶なので多分会っていると思いますが・・・?)
すぐに、「よし、盲導犬をもらおう」と決心しました。
だから、杖で歩いたことはないそうです。
吉野のお山に山荘を持っています。そこが生まれたところだそうです。
たったひとりで、犬と一緒にその山荘に行くのを楽しみにしていらっしゃいます。
時々山から「おっちゃんです~」と電話がかかってきます。

その山荘に始めてお邪魔した時、
私は「仙人のようなひとだなあ」と思いました。
杖一本ですたすたと歩き、片側は崖なのに落ちることもなく、
ときどき立ち止まって
「そこに樫の木があるやろ、その実はおいしんやで。」とかいろいろ説明してくれます。
昨日の夜は猿が来たとか、シカがきたとか
道案内をするはずのパディは、放してもらって、先になり後になり、楽しんでます。

私が初めて先生に会ったのは今から15年ぐらい前、子供が小学校の時、PTAの講演に来ていただいたのがはじめてでした。
私もMさんと同じで、明るい人だなあって思いました。
勝手に暗い視覚障害者を想像してたのです。
それから1年後、私はパピーウォーカーを始めました。
盲導犬関係のボランティアをするきっかけになったのが、先生との出会いだったのです。

副理事長のサファパパは目が見えなくなりかけてた頃、職場の動員でたまたま先生の講演を聞きに行き、
「あんなに明るく暮しているなんて・・・自分も盲導犬を持ちたい」
と思ってできあがったのがサファイアとのコンビです。
サファパパの日記はこちらです。盲導犬サファイアとのハッピーな生活

調子が良すぎて暴走するときもあります。
人が集まればいろんな意見が出て、ぶつかりあいもあります。

大変なときもありますが、理事たちの明るさに支えられている日本サービスドッグ協会だと思います。

ブログをご覧の皆さま、どうぞこれからも日本サービスドッグ協会をよろしくお願いいたします。
ただいま賛助会員募集中です。・・・とちゃっかり宣伝しちゃいました。


そんな理事長、
ただいま千早のお山で新しいパートナーと共同訓練中!
s-ダニエル
新しいパートナーのダニエル君
携帯メールで送ってきてくれました。
自分で写真とったのかなあ?ちゃんと映ってるよ
ライトハウスのブログにも紹介されてます。

引退犬になったパディ君、引退犬ボラさんの準備が整うまで先生のお家で待機中です。
s-P1010901.jpg
いいお顔してるね。いつまでも元気でね。
9日パディ現役最後の日、JSDAの総会に集まった人たち皆がご苦労様と別れをおしんでいました。



ブログランキングに参加しています。ポチっとクリックお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking




スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://intaikenlife.blog82.fc2.com/tb.php/28-45f37c13
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。