-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-09-22 20:30 | カテゴリ:老犬
久しぶりの更新です。

いつも、ブログやフェイスブックで応援下さっているみなさん。

ほーちゃん、とうとう逝ってしまいました。
9月20日土曜日、午後3時頃、穏やかに本当に穏やかに逝ったようです。

s-IMG_3654.jpg


5月の初めごろから食べむらがはじまり、それでもなんとかいろいろと工夫したり、手を変え品を変えて食べさせていました。
でも、9月10日頃から全く食べなくなって・・・
それでも何か食べないかと思って口元に食べ物を運んでいました。

9月13日の土曜日に、アイスクリームを一口食べたので、それならもう一口と食べさせようとしたら、すぐに戻してしまいました。それで、決心がつきました。もう、食べさせないほうが・・・
次の日とまたその次の日に、ひどいけいれん発作を計3回起こし、発作が止まらなくなったらどうしようかと思いました。
腎不全による尿毒症でした。

それから、夜寝る前に鎮静剤を飲ませて寝ることになりました。
それがよかったのか、次の日から穏やかに過ごすことができ、亡くなるまでの5日間というもの発作も起きず、こんな日が長く続いてくれたら・・・と思っていました。

前日まで歩き回ったり、おしっこをしに外に出てお散歩したりしていました。
その日もすやすやと楽に穏やかに眠っていましたので、迷ったのですが、3時間ほどアニパのお仕事に行ってこようと思ってでかけました。
主人がついていてくれ、終わって帰ろうとしたその時に亡くなったとメールがきました。

主人がそばにいたのですが、なんだか口が開いたので、見たら亡くなっていたそうです。
発作も起きず、苦しむこともなく息をひきとったようで、本当によかったと思っています。

ただ、そこにいなかったことだけが心残りですが、最後の1週間は毎夜添い寝をして、昼間もほとんどでかけずに、そばでレザーをしたりして一緒にすごしましたので、きっとほーちゃんも満足してくれていると思います。

「お母さん、遅いわねえ、いつまででかけてんのよ。私、待ちきれないからもう行くわよ。」
きっと、ほーちゃんそう言って逝ったと思います。

独立心の強い、しっかりと自分をもった子でした。

s-IMG_3644.jpg

ライトハウスの繁殖犬をしていたほーちゃんが、6歳で引退してから我が家に来て11年間、ほんとに楽しかった~~
笑いが絶えず、いっぱいいろんなことしてくれました。
いたずらも半端じゃなく、これでもかってぐらいやってくれました。
毎回感心するほどでした。

s-IMG_3127.jpg


前夜に炊いたおでんを食べようと、土鍋のふたを開けたら、ほとんど食べてあったり、
帰りが夜遅くなって、かえってみたら、電気釜を開けてご飯を全部食べていたり、
米櫃を上手に開けてお米をほとんど食べていたり、

もっともっといっぱいエピソードがあります。

やんちゃでやんちゃで、元気で元気で・・・
ボール遊びが大好きで・・・

s-IMG_3112.jpg

かわいいかわいいほーちゃんでした

s-IMG_3646.jpg

ブログやフェイスブックで応援して下さっていた皆様、本当にありがとうございました。
この半年間、皆様のメッセージにどれだけ心を和ませていただいたか・・・
お知らせが遅くなって申し訳ありませんでした。

感謝です

昨日、荼毘にふしました。

s-IMG_3665.jpg

お骨は、ばらばら、ボロボロ、スカスカ・・・ほんとに、骨の髄まで使い果たして逝ったほーちゃんでした。

1998年4月2日生まれ、16歳5か月
あっぱれ、ほーちゃん  生き抜いたね・・・

ひなたと二人でいるととてもさみしいです・・・さみしいです・・・
でも、ほーちゃんに「お母さん、何してんのしっかりしなさいよ。」っていわれそうなので、できるだけ普通に生活を送ろうと思っています。


最後に、長い間、本当に丁寧に診察してくださったアイペットクリニックの衛藤先生、本当にありがとうございました。
最後の鎮静剤は、絶妙な量でした。感謝です。
また、いしづか動物病院の村上先生、ほーちゃん、最期の日まで歩けました。リハビリしていただいたおかげです。

皆さんに、本当に感謝です。


最後の最後に、いつも遠くから、遊びに来てくれたみんな、本当にありがとう~~




スポンサーサイト
秘密

トラックバックURL
→http://intaikenlife.blog82.fc2.com/tb.php/104-e5b14663
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。